肝臓が悪くなる?ピル服用中に脂肪肝になったケース など

2017年9月9日

ピル服用中に肝機能の数値が悪化

低用量ピルの服用を続けると、血液検査で肝機能の数値が悪くなっていたり、脂肪肝になっていたという場合も!

「ピル 肝機能障害」「ピル 脂肪肝」などで検索すれば、実際の症例がいくつも見つかります。

ただし、ピルだけが肝臓に悪いというわけではありません。

これは内服薬全般にあてはまることで、ピルなどの内服薬は、肝臓で分解・代謝されます。

そのため、服用量が増えたり、長期服用になるほど肝臓の負担が大きく。

実際、どの内服薬の説明書にも「肝機能障害が起こることがあります」と書かれていることです。

服用している薬でγGTPが上がる? きょうの健康Q&A-NHK

とはいえ、どんな薬にもメリットデメリットがあります。

そしてピルもまた、大きなメリットがあること。

ピルが悪ではなく、普通の人より少し肝臓に負担をかけていること、普通の人より少し、肝臓を労ることが必要です。

肝臓にイイ生活

軽度な肝機能障害の場合、『食事』と『運動』がメインの治療法です。

なので、普段から「健康な生活を送る」ことが肝臓に良い一番の対策です。
(確立された投薬治療がないということもあります)

肝臓に良いと謳われる食品や成分、サプリメントは様々ありますが、一つのことに頼らず、バランスの良い生活を送ることが重要です。

食事

・良質なたんぱく質
・塩分・油脂・糖質を控えめに
鉄分の摂り過ぎは肝臓に逆効果という意見

しじみやウコン、レバーなど肝臓に良いと言われる食べ物は鉄分を多く含んでいます。

専門家の間でも様々な意見がありますが、摂りすぎが良くないことは間違いないようです。

こういう意見もあります。

Q.肝臓に良い食べ物はありますか。
A.肝臓を良くするという証拠のある食べ物は、ほとんどありません。悪くするものとして、
引用東京大学医学部 肝癌医療チーム

運動

・有酸素運動
・直接肝臓を刺激するのも効果的
→右の脇腹を意識して捻る動き、軽く揉む

肝臓は「沈黙の臓器」

肝臓には”予備能”という性質があり、

・一部の肝細胞が機能しなくなっても他の肝細胞が補い、再生する
・肝臓がダメージを受けていても症状が現れずらい

という特徴があります。

肝臓は丈夫なので、多少ダメになっても回復するという事ですが、悪い意味で言えば、肝機能が低下して黄疸などはっきりとした症状が現れる時には、肝細胞のほとんどがダメージを受けて壊れてしまっているということです。

自覚症状が少ないままに少しずつ症状が進み、気づいた頃には重症化していることが少なくないので、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれています。

脂肪肝を放置すれば、肝硬変、肝臓がんと発展することも。肝機能の低下が糖尿病や高血圧、脂質異常症のリスクを高めることも知られています。

ピルの服用中は定期的な血液検査が推奨されています。体に変化が見られない場合でも検査はうけましょう。もし肝臓が悪くなっている場合、発見が早いほど早期回復に繋がります。

月経カップを利用する

低用量ピルを使っていれば経血量が少ないので月経カップを利用する必要は全くありませんが、知識として知っておくと、妊娠を希望したときなど、いつか役に立つかもしれません。

2017年9月9日ピル, ピルの副作用

Posted by yk1134